白髪染シャンプーに含まれる成分とは?

白髪染めシャンプーに含まれる成分とは?こんな人に使ってほしい理由

ヘアカラーは地肌や髪の毛が傷む原因になってしまいますが、白髪染めシャンプーの成分は安全なのでしょうか?そんな疑問をお持ちの方も少なくないはずです。

 

通常、毛染めとよばれるヘアカラーは薬剤で髪の毛のメラニン色素を脱色し、同時に色のついた化学色素を髪の内部に浸透させるというものです。その際、薬剤によって髪のキューティクルを開きますので、使用後は髪の毛がパサついたり、地肌が荒れたりということがおこります。

 

一方で、近年の白髪染めシャンプーは、天然由来の成分が主です。例えば、昆布やフコイダン、保湿効果のある植物エキスなど、もともと髪の生育に良いとされるものの色素や天然成分を抽出し、シャンプーやトリートメントの度に、髪の毛に浸透させていきます。白髪染めシャンプーのほとんどが天然成分の為、ヘアカラーや毛染めに比べると、1回のみの使用でキレイに染まることは稀です。中には1回でカラーができるトリートメントなどもありますが、その場合は若干、地肌への負担がある場合もあります。

 

白髪染めシャンプーは、毎日の使用を考慮し、白髪を染めながら、地肌・髪の毛のケアができるように作られています。毛染め剤によくあるツンとした匂いはなく、無香料、もしくは自然な香りがします。シャンプーの全成分表を公開している場合、一度チェックしてみましょう。うるおい保湿や頭皮ケアに有効な自然由来のものが沢山配合されていることに気づくでしょう。このように、ヘアカラーと白髪染めシャンプーは、人体に与える影響が大きくことなることがお分かりかと思います。